本文へスキップ

医療機器の専門家を育てる学校もあります。

医療機器関連

臨床工学技士

医療専門学校で修める学科/臨床工学技士

臨床工学技士とは医療機器や装置の操作や保守点検・管理をするのが主な仕事です。必要に応じて安全で効果的な使い方をスタッフに助言することもあります。 臨床工学技士科では医学と工学両方の知識を身につけ、臨床現場では患者と医療機器を結びつけて治療に貢献することのできる、臨床工学技士を養成することが目的とされます。 取得目標とする資格には透析技術認定士、臨床高気圧酸素治療技師、呼吸療法認定士、臨床ME専門認定士、体外循環技術認定士などがります。


期待される人物

医療専門学校での臨床工学専攻科は、医療系・工学系の大学や短大の既卒者、看護師、臨床検査技師や診療放射線技師、理学療法士などの有資格者が対象になります。他にも医療機器メーカーの人や、専門知識の修得を目標とする医療現場の人も対象としています。臨床工学技士に期待されるのは医療従事者としての人間性と、工学・医学の基礎知識を備えた医療を進歩させる工学者としての自覚です。物事の本質を見極めてその後の展開をイメージし、それを工学的手法で具体化できる能力が必要とされています。


診療放射線技師

診療放射線技師は、画像検査や放射線治療、放射線管理を主な業務とする医療技術者です。画像検査はX線、ラジオアイソトープ、超音波などを使って得られた人体内部の形態情報や機能情報を医師に提供します。放射線治療ではコントロールされた放射線によってガン細胞を死滅させます。放射線は医療でも非常に有用なのですが、使い方を誤ると非常に危険です。診療放射線技師は放射線による事故が起こらないように、医療被曝を低減するように放射線を管理する役割を果たしています。こちらにもあるように医療専門学校では基礎となる理工学・医学を学習し、臨床現場での実習では医療技術だけでなく責任感や協調性のある人間性を育成します。