本文へスキップ

福祉関連の資格の紹介です。

福祉関連

介護

医療専門学校で修める学科/介護

介護福祉士は日常生活に支障のある高齢者の方や、心身障害者の生活の手助け、援助を行います。主な仕事内容は自力ですることが難しい食事や入浴、着替えや移動のお手伝いなどです。 同じような訪問介護員は在宅介護の担い手となります。高齢者や障害者の家庭を訪問して、食事や着替え、入浴などの介護だけでなく料理や掃除、洗濯といった家事まで日常生活全般を援助するのが仕事です。介護ではなにより人を思いやる心が大切になります。医療専門学校では技術だけでなく、その心も学びましょう。


保育士・社会福祉士

保育士とは全国にある保育所を職場とし、子供達ひとりひとりの年齢・発達の 状況を見守って心と身体の成長を助けるのが仕事となります。必要に応じて遊戯や季節の行事活動を行い、保育所での生活体験を通じて子供達の心を育てていきます。また保護者からの子育て相談を受けたり、地域での育児支援も行います。社会福祉士はあらゆる福祉現場において高齢者や障害者などの相談に応じ、アドバイスを行うなど指導をします。各種福祉・保健医療機関とも連携をとり、対象者の援助やサービスの提供も行います。


ケアワーカー

ケアワーカーは老人ホームや福祉施設などで利用者の介護を中心に、生活全般の援助を行います。お年寄りや障害者、身寄りのない子供をいたわる心が必要になります。ケアマネジャーは介護保険制度で中心的な役割を果たす介護支援専門員で、介護が必要と認定された人に介護サービスのプランを作成します。医療ソーシャルワーカーは、病気や怪我で生活に困っている人に対して医療と福祉の知識をもってアドバイスを行います。 基本的に病院内での勤務のため、医療費や各種保険制度の知識が必要になります。