本文へスキップ

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の紹介です。

療法関連

理学療法士

医療専門学校で修める学科/理学療法士

理学療法士は医師の指示のもと障害のある患者の筋力や運動機能をテストし、治療計画を立てて指導やリハビリを行います。 電気刺激や運動療法などで基本的な運動能力の回復を図り、リハビリテーション分野において重要な役割を果たす職種です。 理学療法士は病気や怪我などによって体が自由に動かしにくくなった乳幼児から高齢者の方まで、幅広い年齢層の人によりよく生きるための援助を行います。医療専門学校での理学療法士科では知識や技術の修得だけではなく、患者との信頼関係を築ける理学療法士を育てることも目的となります。


作業療法士

作業療法士は医師の指示のもと、障害のある患者にさまざまな作業を指導し、応用的動作や社会適応能力の回復を図ります。主に手芸や工芸などの創作的活動、食事や着替えなどの日常動作の訓練を行います。作業内容は日常動作以外にも、社会生活活動や仕事味、趣や遊びなど暮らし全般の動作の訓練も行います。対象となる方は子供から老人、急性期から維持期までと幅広く、活動場所も医療や福祉、教育や職業領域の分野にまで及び、今後も作業療法士の役割が期待されるでしょう。


言語聴覚士

言語聴覚士は言語や聴覚に障害のある人に適切な検査や訓練、そして家族への指導を行ってコミュニケーション能力の向上を図ります。リハビリテーションの新しい専門職として注目を集めています。人が生活していくうえでコミュニケーションは欠かすことが出来ません。しかしコミュニケーション能力に関して発達に問題がある人もいれば、事故や脳卒中の後遺症で話すことや聞くこと、読み書きなどのコミュニケーションに障害を起こす人もいます。 言語聴覚士は子供から大人まで幅広い分野で、言葉を中心としたコミュニケーションの改善を援助するスペシャリストです。